アイアールホーム

テクノストラクチャー
  • HOME
  • テクノストラクチャー

地震大国日本において、家を建てる上で上位を占める気になる要素は、「構造の安全」「基礎・地盤の強度」「耐久性」など《地震への不安》などがあげられています。

もしもの・・・!の災害にパナソニックの最先端技術で備える住宅。

パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」 メーカーホームページはこちらをご覧下さい。

軽量鉄骨のH型鋼を芯材に、上下を集成材で挟んだサンドイッチ構造。

長年にわたって荷重がかかっても、たわみの進行はほとんどなく、強靭な躯体を維持します。

大きな力のかかる柱接合部には、一般的な接合の3倍の力に耐えるドリフトピン接合を採用。

ほぞ加工を施す必要がないので、最低限の断面欠損で高強度な接合を実現します。

梁、筋かい、垂木等の接合部に使用して、構造体をがっちり緊結。

住まい全体が強力に一体化し、地震に強い頑丈な構造体をつくります。

同寸法のムク材の約1.5倍の優れた強度を誇る集成材柱は、自然素材でありながら、工場生産による均一の高品質を実現します。

床下で住宅全体を支える床束(ゆかづか)に、鋼製の「テクノ束」を採用。

さびにくい特殊メッキで、湿気や白アリにも強く、抜群の強度と耐久性を発揮します。

地盤調査結果に基づいて設計。

基礎の高さは、住宅金融公庫の基準値を超える400mm以上で、スラブの厚さも150mmと耐久性タイプの基準をも上回る強固な構造です。